読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Schroeder-Headz

Schroeder-Headz(シュローダーヘッズ)

f:id:tanazashi:20160203150339p:plain

クラブ・ジャズとオーガニック・グルーヴを繋ぐオルタナ・ピアノ・トリオです。

「シュローダーヘッズ」は DE DE MOUSE のライヴ・ キーボーディストとしも知られる渡辺シュンスケ*1によるソロ・プロジェクトです。

 

アノトリオという、もっともシンプルかつベーシックなアンサンブルスタイルを使い、ジャンルにカテゴライズされた、さまざまな音楽フォーマットの枠組から「抜け出してみたい」という試みを続けています。

渡辺シュンスケ (Schroeder-Headz, cafelon)

2010年にアルバム「ニューデイズ」でデビュー。 

tanazashi.hatenadiary.com  

tanazashi.hatenadiary.com 

tanazashi.hatenadiary.com

 

2011年スヌーピーで知られる "PEANUTS"に登場する子ども・天才音楽家シュローダー*2とコラボしたアルバム「ピアノ・ア・ラ・カルト・フィーチャリング・シュローダーヘッズ」をリリース。みんなのスヌーピー | Pen | Pen Online

PIANO a la carte feat.Schroeder-Headz

2016年ピアノとMOOGを武器に、永遠に解明できない“音楽的得意点”を追い求めるアルバム「特異点」をリリース。

特異点

 

ホームページは

schroeder-headz.com

(2ページ目)渡辺シュンスケとは何者か? 佐野元春らも駆けつけた生誕40年記念ライブで見せた才能|Real Sound|リアルサウンド

*1:1975年名古屋市出身。幼少の頃サッカープレイヤーを志しながらも、高校生の時、初めて触れたキーボードに魅力を感じ高校3年で音大進学を決意する。1年間のピアノ・レッスンを経て国立音楽大学へ入学。在学中よりクラシック、ジャズを学びながらもセッション・キーボーディストとして活動を始め、著名ミュージシャン等のサポートを務める。アコースティックピアノ、オルガン、シンセサイザーからコンピューターまで大胆に使いこなすキレの良い鍵盤さばきと華のあるステージ・パフォーマンスによって一躍若手を代表するキーボーディストのひとりとして注目を浴びる。また、自身のプロジェクトとして”はSchroeder-Headz”の他、オリジナル・ソングをヴォーカル&ピアノを披露する”cafelon”としても定期的に活動中。 

*2:トイピアノを弾く男の子