読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Sensual Embrace The Sould Ballads

P

Pieces Of A Dream

「Sensual Embrace The Sould Ballads」 

Sensual Embrace

Sensual Embrace

 

ブルーノート2001年リリースのアルバムです。

彼等はブラコン色のあるファンクナンバーも得意とするが、このアルバムはブルーノート期のスローナンバーを集めたコレクションアルバムとなる。ジャケットからも醸されるように、アダルティで官能的な香りが漂う。彼等を見出した、スムーズジャズの父、グローヴァー・ワシントン、Jr.が#5に、マキシ・プリーストが#6に、エヴァ・キャシディが#9に参加している。リー・モーガンのサイドワインダーをサンプルにした#2もあったりと、面白い。どの曲を聞いても滑らかで円熟たるものだが、個人的に気に入っているのは#3と#11。特に#3のウィンコンのソロパートが何とも美しく聞こえてくる。

www.artistdirect.com

01 - Took So Long

02 - The Cool Side

03 - How Do You Keep the Music Playing

04 - Have a Little Faith [feat. Eva Cassidy]

05 - Sitting Up in My Room [feat. Grover Washington Jr.]

06 - Pieces [feat. Maxi Priest]

07 - My Love

08 - It's You that I Want

09 - Goodbye Manhattan [feat. Eva Cassidy]

10 - You and I [feat. Maysa]

11 - Knikki's Smile

12 - Club Jazz [Quiet Storm mix]