読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Way Out West

S

Sonny Rollinsソニー・ロリンズ

「Way Out West」 

Way Out West

Way Out West

 

ハード・バッパーとして絶頂期にいたソニー・ロリンズが1957年に録音した初のピアノレス・トリオ作品です。

この年、ロリンズはマックス・ローチのバンドで西海岸に赴いたが、その際に現地調達のレイ・ブラウンとシェリー・マンを加えて録音したアルバムが本作。要するに、「アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション」の逆バージョンである。ピアノを外すことによって、元々自由奔放なロリンズがさらに自由な空間を手に入れ、天衣無縫なプレイを繰り広げる。スタンダードのほか、<1><4>といった西部劇映画の曲を取り上げており、このあたりも本作のユニークなところ。

01 I'm An Old Cowhand

02 Solitude

03 Come, Gone

04 Wagon Wheels

05 There Is No Greater Love

06 Way Out West

07 I'm An Old Cowhand (Alternate Tak

08 Come, Gone (Alternate Take)

09 Way Out West (Alternate Take)