読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Up Here

S

Souliveソウライヴ

「Up Here」  

通算8枚目のアルバムは待望のFUNK回帰アルバム!

アップ・ヒア

アップ・ヒア

 

 

「アップ・ヒア」はデビュー作「Turn It Out」の頃のFUNK色にまみれ切ったサウンドで、熱狂的なファンたちが心待ちにした2009年発表のFUNK回帰作です。「アップ・ヒア=ここより上へ」というタイトルが語るように、内容は今までのソウライヴ作品のなかで最もファンキーかつ70年代を想起させるヴィンテージな音づくりになっています。ヴォーカル・ナンバーを数曲に押さえた灼熱のFUNK祭りです。

1曲目を飾るUp rightから怒涛のFUNK祭り!
そして3曲目のToo MuchのNigel Hall!!!
血が沸騰します!!

『かっこいい』の一言に尽きると思います。例えば#6『Tonight』、派手にシャカシャカ鳴らされるドラムとトランペットが豪快で、そこにファンキーな歌声が乗ればまさに最高のグルーヴ、早さも魅力。

 M3、M6、M9は完全な“ジェームス・ブラウン"スタイルのヴォーカル付き。

 

01 - Up Right

02 - The Swamp

03 - Too Much

04 - Backwards Jack

05 - PJ's

06 - Tonight

07 - Hatrick

08 - For Granted

09 - Prototype

 

Drums - Alan Evans アラン・エヴァンス
Guitar - Eric Krasno エリック・クライズノー
Keyboards - Neal Evans ニール・エヴァンス
Saxophone - Ryan Zoidis, Sam Kininger
Vocals - Nigel Hall (tracks: A3 & B4)