読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Strange Universe

Blaine Whittaker(ブレイン・ウェテカー)

「Strange Universe」

 フュージョンテイストのジャズファンクジャズロック

ストレンジ・ユニバース

ストレンジ・ユニバース

 

ジャズ、フュージョン、ソウル、ファンクをベースにネオソウル的なジャズを詰め込んだアルバムです。

ブレイン・ウェテカーは香港を拠点に世界的に活躍するオーストラリア出身のサックス・プレイヤーです。地元オーストラリアでのジェイムス・モリソンのバンド・メンバーとしても世界中で活躍してきた実力派のミュージシャンです。アーバンなグルーヴを大胆に取り込み、ヴォーカリストも参加したR&Bにも通ずるサウンドはまさに旬のジャズです。2014年発売。

マーク・ド・クライヴ・ロウとクリス・ターナーが参加したM2「Ain't No Sunshine」*1は、ヒップ・ホップだけでなく、ブロークンビーツ経由の複雑なリズムパターンを施したネオソウル的なメロディです。ジャズの即興とも呼吸が合っています。いくつものレイヤーが折り重なるように鳴るキーボードやシンセが楽曲に奥行きをもたらしています。M3「Strange Universe」*2はブロークンビーツのようなドラミングから一点、ジジの歌声が気持ち良い浮遊感漂う楽曲へ向かいます。M5「Oceans」のブラジルサウンドも心地よい。買って損はしませんでした。

 

1 The View 7:52
2 Ain't No Sunshine feat. Mark de Clive Lowe & Chris Turner 6:04
3 Strange Universe feat. Gigi Marentette 6:15
4 Snowflake feat. Theo Croker 4:57
5 Oceans feat. Angelita Li & Eugene Pao & the Viking 7:20
6 Swanforth feat. Big Small Trio & Guy Le Claire 2:21
7 Eyes 5:27

 

Blaine Whittaker(sax)
Nic Bouloukos(p, key)
Scott Dodd(b)
Nicholas McBride(ds) 

*1:ビル・ウィザーズの名曲

*2:カリフォルニアのヴォーカリスト、ジジ・マレンテットをフィーチャーしたナンバー