読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Herbie Hancock

Herbie Hancockハービー・ハンコック

f:id:tanazashi:20160425204612j:plain

1940年4月12日シカゴ生まれ
ピアノ・レッスンを始めたのは7才の時。その後カレッジ在学中に自作曲で最優秀賞を受賞。 カレッジ卒業の60年にコールマン・ホーキンスらと共演することによりプロとしてのジャズ・ピアニストのキャリアが始まる。 62年に初リーダー作『テイキン・オフ』をブルーノートからリリース。63年には『ウオーターメロン・マン』が大ヒット。 マイルス・デイビス・バンドには63年から68年まで在籍し数々の名演を残す一方、65年には『処女航海』を発表。 72年にLAに移り住んだあと73年オークランド・ファンク・サーキットのポール・ジャクソンらと革新的なグループ「ヘッド・ハンターズ」を結成。 同年発表したブラック・ファンク・アルバム『ヘッド・ハンターズ』が爆発的にヒット。 70年代後半はウェイン・ショーター、トニー・ウイリアムス、フレディ・ハバードらとVSOPを結成し世界中をツアー。 83年にはマテリアルのビル・ラズウェルがプロデュースしたヒップ・ホップ・アルバム『フューチャー・ショック』のシングル・カット『ロック・イット』が 世界中で大ブレイク。自身初のグラミー「ベストR&Bインストゥルメンタルパフォーマンス」賞を獲得する。 ついで85年には映画『ラウンド・ミッド・ナイト』の音楽監督としてアカデミー賞を受賞。 90年に入りポリグラムと契約をし、94年にサイバー・ファンク・アルバム『ディス・イズ・ダ・ドラム』を発表。 98年にはヴァーヴから『ガーシュイン・ワールド』を発表し、そのアルバムはグラミーを受賞する。 最新作『フューチャー2フューチャー』(2001)では再びビル・ラズウェルをプロデューサーに、カール・クレイグをはじめクラブミュージックシーンの注目株と共演。 デビューから40年以上たった現在でも、常に時代の最先端を行く音楽を創造し続けている非凡なピアニスト、アレンジャー、プロデューサーとして 世界中の様々なアーティストからリスぺクトされている存在だ。

 

tanazashi.hatenadiary.com