読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Uh Eh

Elkano Browning Cream(エルカノ・ブラウニング・クリーム)

「Uh Eh」 

Uh Eh

Uh Eh

 

スペインバルセロナ出身のデイブ・ウィルキンソン(ギター、ボーカル)とフランス出身のフランクMantegari(ドラム、パーカッション)、スペイン・サン・セバスチャン出身のミケルAzpiroz(ハモンドオルガン、キーボード)によるトリオ。2007年デビュー。2012年の「ボヘミア」に続く4枚目のアルバムです。のっけからチープでフェイク臭い調べに乗せてM1「Theme From Zoot」が突っ走ります。皮肉ったようなクセのある楽曲には反骨の精神が隠されているとわかるのはM4「Rich Man Poor Soul」を聴いてから。M10「Uranium Talks」なんていいなァ。アフリカ、東洋と世界一周して最後はヨーロッパの風景を想起させる音楽で締めくくります。

 

01 - Theme From Zoot

02 - One Day King

03 - Owiwi

04 - Rich Man Poor Soul

05 - Celebration Ska

06 - Tout Est Bon

07 - Blue Snake

08 - Aurresku

09 - Euroafricans

10 - Uranium Talks

11 - Up Again Song

12 - Sweet Charles (Bonus Track)

13 - 46th Street (Bonus Track)

 

デイブ・ウィルキンソンバルセロナ):ギター、ボーカル
フランクMantegari(パリ):ドラム、パーカッション
ミケルAzpiroz(ドノスティア-サン・セバスティアン):ハモンドB3オルガン、キーボード