読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Sarah Vaughan In Hi-Fi

S

Sarah Vaughanサラ・ヴォーン

Sarah Vaughan In Hi-Fi」

Sarah Vaughan In Hi-fi

Sarah Vaughan In Hi-fi

 

驚異的な声域と独特のフレージングで他の追随を許さないジャズ・ヴォーカルの女王、サラ・ヴォーンマイルス・デイビスサラ・ヴォーンの唄伴(M1~8)をしたアルバムです。9曲のボーナス・トラックが加わっていることからイン「Hi-Fi+9」などと表記もされます。サラ・ヴォーンは、エラ・フィッツジェラルドとともに黒人女性ヴォーカルを代表する歌手です。録音は1950年。その前年パーカーの元を離れたマイルス・ディビスはパリで開かれた国際ジャズフェスティバルでビ・バップの名演奏を披露しています*1。まだ若いマイルスの溌剌としたプレイが、それも唄伴で聴けるという視点で聴いてみるのも面白いと思います。

01 East Of The Sun (And West Of The

02 Nice Work If You Can Get It

03 Come Rain Or Come Shine

04 Mean To Me

05 It Might As Well Be Spring

06 Can't Get Out Of This Mood

07 Goodnight My Love

08 Ain't Misbehavin'

09 Pinky

10 The Nearness Of You

11 Spring Will Be A Little Late This

12 Ooh, What'cha Doin' To Me

13 It's All In Your Mind

14 The Nearness Of You [Alternate Ta

15 Ain't Misbehavin' [Alternate Take

16 Goodnight My Love [Alternate Take

17 Can't Get Out Of This Mood [Alter

18 It Might As Well Be Spring [Alter

19 Mean To Me [Alternate Take]

20 Come Rain Or Come Shine [Alternat

21 East Of The Sun (And West Of The

 

 

Miles Davis(tp), Bennie Green(tb), Budd Johnson(ts), Tony Scott(cl), Freddie Green(g), Mundell Lowe(g), Jimmy Jones(p), Billy"Pickles"Taylor,Jr.(b), J.C. Heard(ds), Sarah Vaughan(vocal)

*1:帰国したマイルスは、欧州に比べてあまりにもジャズという音楽が評価されない現実や差別問題に直面して麻薬におぼれていったといわれています。