読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Horace Silver And The Jazz Messengers

H

Horace Silverホレス・シルヴァー

Horace Silver And The Jazz Messengers

& Jazz Messengers

& Jazz Messengers

 

ファンキーさあふれる双頭バンド 。ホレス・シルヴァー*1&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによる1954、55年録音盤はファンキー・ジャズの原点と言われる、ジャズ・メッセンジャーズの代表作とされるアルバムです。メッセンジャーズはアートブレイキーが率いていたと思われる人もいますが、56年までホレス・シルバーとブレイキーの二人が率いていました。ブルーノートの番号は決定盤といわれる1500`シリーズです。

M1のタイトルはシルバーが宿泊していたホテルの番号だそうです。ジャケット写真やいい加減なタイトルのイージーな付け方にファンキーなこのバンドの特徴が現れています。怪しい雰囲気のM2「 Creepin' In「クリーピン・イン」、Silverを大スターにしたM6「The Preacher(ザ・プリーチャー)」、プロデューサー・アルフレッド・ライオンのお気に入りM8「Doodlin'(ドゥードリン)」がお奨め。

 

01 Room 608

02 Creepin' In

03 Stop Time

04 To Whom It May Concern

05 Hippy

06 The Preacher

07 Hankerin'

08 Doodlin'

 

*1:1928年、コネチカット州生まれ。父親がアフリカ系ポルトガル人で、アフリカ大陸最西端ヴェルデ岬の民俗音楽を聴いて育ったという。Thelonious Monk(p)とBud Powell(p)の影響を受け、高校時代からピアノなどを演奏。1950年にStan Getsに雇われてプロになり、翌年ニューヨークに移る。以来、Miles Davis(tp)らトップミュージシャンらと共演している。