読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

The Eminent, Volume One

J.J. Johnson(J.J.ジョンソン)

「The Eminent, Volume One」

50年台前半のハードバップ初期を代表するアルバム 

Eminent J.J. Johnson 1

Eminent J.J. Johnson 1

 

J.J.ジョンソンはビバップ以後に出現したモダンジャズトロンボーンの素晴らしい名手として知られています。このアルバムは10インチLP『J.J. Johnson with Clifford Brown Blue Note BLP 5028』として発売されたもので、J.J.ジョンソン(J.J. Johnson)とクリフォード・ブラウンClifford Brown)という、天才同士が繰り広げるスリリングなセッションです。スピード感あふれる演奏に速い展開、アドリブの連発にフレーズの連打。トロンボーンの可能性を感じさせてくれます。

 

01 Capri

02 Lover Man

03 Turnpike

04 Sketch

05 It Could Happen To You

06 Get Happy

07 Capri [Alternate Take]

08 Turnpike [Alternate Take]

09 Get Happy [Alternate Take]

 

Clifford Brown(tp-*) J.J. Johnson(tb) Jimmy Heath(ts,bs-*) John Lewis(p) Percy Heath(b) Kenny Clarke(ds)
Recorded on June 22,1953 at WOR Studios, NYC