読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

First Time: The Count Meets the Duke

Duke Ellington Orchestra & Count Basie O(デューク・エリントンカウント・ベイシー

「First Time: The Count Meets the Duke」 

First Time: Count Meets the Duke

First Time: Count Meets the Duke

 

  ジャズ・ピアニスト、デューク・エリントンカウント・ベイシーによる、1961年録音ダブル・オーケストラ共演作品。「バトル・ロイヤル」「ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド」他オリジナル・アルバムに7曲のボーナス・トラックを加え、右側はデューク・エリントン楽団、左はカウント・ベイシー楽団と2つのビッグ・バンドが繰り広げるバトル・セッションを堪能できるアルバム。

 

ノリにのった演奏と、総勢33名のミュージシャンによる乱れ交うソロの洪水は、これぞまさにジャズの醍醐味と言いたくなる。 

 

1. Battle Royal
2. To You
3. Take The "A" Train
4. Until I Met You
5. Wild Man
6. Segue In C
7. B D B
8. Jumpin' At The Woodside
9. One More Once - (bonus track)
10. Take The "A" Train - (bonus track, previously unreleased, alternate take, rehearsal)
11. Jumpin' At The Woodside - (bonus track, previously unreleased, alternate take)
12. B D B - (bonus track, previously unreleased, alternate take)
13. Blues In Hoss' Flat (Blues In Frankie's Flat) - (bonus track)
14. Wild Man - (bonus track, previously unreleased, alternate take)
15. Battle Royal - (bonus track, previously unreleased, alternate take, rehearsal)