読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

At World's Edge

P

Philippe Saisse(フィリップ・セス)
「At World's Edge」 

At World's Edge

At World's Edge

 

前作から3年ぶりのアルバムです。曲は全て彼のオリジナル。女性ヴォーカルを取り入れたシンプルなポップ曲、細部に渡り考え抜かれたドラマチックな構成はまさにセスの真髄です。カーク・ウェイラム、リック・ブラウンなどホーン陣をフィーチュアしたラテン・ジャズ・セッション的ナンバーが光ります。じっくり聴かせるピアノ・ソロ、王道AORヴォーカルまで、多岐に渡る音楽性から生まれたサウンドが次々に登場します。

 

Bluesyな魅力の4.5.8.12等もとても完成度が高い。広大さを感じる5・12曲目のAT WORLD'S EDGEが叙情的な魅力にあふれている。 

 

01 - From Nowhere to Now Here (Intro)

02 - From Nowhere to Now Here

03 - The rover

04 - Billy's blues

05 - At World's Edge (Instrumental)

06 - Monday Afternoon

07 - Assante Sana

08 - Rappongi Blues

09 - Through Tainted Glass

10 - Topanga Moon Dance

11 - Junto

12 - At World's Edge (Vocal)

 

Simon Phillips (Drums), Pino Palladino(E-Bass), David Frank (A-Bass),
Jeff Golub (E-Guitar), Marc Antonie (A-Guitar), Rick Braun (Trumpet), Michael Davis (Trombone),Kirk Whalum (Sax), Lenny Castro (Percussion)等