読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Blue Brazil

 Various Artists

「Blue Brazil」Vol. 1

ソフトなボッサでもテンポの良いラテンでも血が騒ぎ心が踊ります。

Blue Brazil

Blue Brazil

 

60~70年代のブラジリアン+ボサ+サンバの名曲を集めたブルーノートの「Blue Brazil」3部作。清涼感満点の秀作オムニバス。録音も良好。

 

 

01 - Upa, Neguinho (Luiz Arruda Paes)ルイス・アフーダ・パエス

02 - Catavento (Alaide Costa)アライヂ・コスタ

03 - Berimbau (Mandrake Som)マンドレイク・ソン*1

04 - Vim De Santana (Quartet Novo)クアルテート・ノーヴォ*2

05 - Deus Brasiliero (Live) (Bossa 3)

06 - Primitivo (Milton Banana Trio)ミルトン・バナナ・トリオ*3

07 - Noa... Noa (Milton Banana Trio)

08 - Viola Fora De Moda (Edú Lobo)エドゥ・ロボ*4

09 - Nao Me Diga Adeus (Bossa 3)

10 - Batucada Sergiu (Marcos Valle) マルコス・コステンバーダ・ヴァーリ*5

11 - Aldeia De Ogum (Joyce)ジョイス*6

12 - Tudo Que Você Podia Ser (Lô Borges)ロー・ボルジェス *7

13 - Homenagem A Mongo (Som Três)ソン・トレス*8

14 - Deixa Isso Pra La (Elza Soares)エルザ・ソアレス*9

15 - Misturada (Quartet Novo)*10

16 - Bebe (Deodato)エウミール・デオダート*11

17 - Um Tem P'ro Simon (Johnny Alf)ジョニー・アルフ*12

*1:ブラジル系パーカッショニスト

*2:1960年代に活躍した伝説のブラジリアン・ジャズ・グループQuarteto Novo

*3:ジャズ・ボサ・ノヴァのトップ・ドラマー

*4: 60年代からボサ・ノヴァ/MPB界に自作の名曲と共に名を刻んで来たブラジルの名ソングライター

*5:ブラジルのシンガーソングライターでギタリスト、キーボーディスト。

*6:ブラジルの女性シンガーソングライター。15歳の頃からヴォーカル・グループに所属し、20歳で初ソロ・アルバムを発表。ジョアン・ジルベルト、ヴィニシウス・ヂ・モライスら、数々の巨星と交流し、自作曲「或る女」はエリス・レジーナにカヴァーされた。

*7:ブラジルのミナスジェライス州出身のミュージシャン。 

*8:ブラジルを代表する名ピアニストにして、後にかのエリス・レジーナと夫婦になったことでも知られるセサル・カマルゴ・マリアーノ率いたトリオ

*9:1937年生まれのブラジルの伝説的女性歌手

*10:60年代に活躍したブラジリアン・ジャズ・グループ

*11:(Eumir Deodato de Almeida、1942年6月22日 - )は、ブラジル出身のクロスオーバー/フュージョン・ミュージシャン、アレンジャー、キーボード奏者。70年代以降は主にデオダート名義で活動している。

*12:ボサ・ノヴァ以前より、ジャジーなピアノと洒脱なヴォーカルでサンバを紡ぐスタイリッシュなセンスを確立。後のボサ・ノヴァ創生にもに大きく寄与したと言われているピアニスト/シンガー/コンポーザー