読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Doin' Something

 Souliveソウライヴ

「Doin' Something

ヒップホップ、ソウル、ファンク、ポップをうまくミックスした、ノリノリのジャズ・グルーブです。★★★☆☆

Doin Something

Doin Something

 

 

ブルーノート移籍第1弾、トータルでは2枚目にあたる2001年の作品です。オルガンをベースにしたグルービーなジャズが特徴のトリオです。前作ではお得意のアシッド・ジャズや、ジャム・バンドとしての魅力をアピールするため、1発録りに近いライヴ風セッションだったが、今回はオーバーダブを多様するなど、スタジオでじっくり時間をかけたアルバムになりました。トリオに加えて、M2、M5、M6、M9がブラスセクションが足されていて曲の幅が広がった感じです。

 

01 - Hurry Up... and Wait

02 - Doin' Something

03 - Evidence

04 - One in Seven

05 - Bridge to 'Bama

06 - Cannonball

07 - Shaheed

08 - Romantic

09 - Solid

10 - Roll the Tape

11 - Joe Sample

 

エリック・クラスノ(ギター)とニール(オルガン)とアラン(ドラムス)のエバンス兄弟の3人組は、ジェームス・ブラウンのバッックのベテラン・トロンボーン奏者フレッド・ウェズレーを迎えて、4ピースのブラス・セクション(ウェズレーはホーン・アレンジも担当)を何曲かで披露しています。