読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Afrodeezia

M

Marcus Millerマーカス・ミラー

「Afrodeezia」

Afrodeezia

Afrodeezia

 

 両手でベースの弦をブンブンと叩く超絶プレイを披露。マーカス・ミラーはアメリカのジャズ・ベーシスト *1です。本作は自身のルーツであるアフリカを訪れ、「スレイヴ・ルート」に因んだ各地のアーティスト達を迎え、セネガル、ナイジェリアなど自身のルーツであるアフリカを訪れ、ブラジル、マリ、南米、カリブなどブラック・ミュージックのルーツを巡る。米南部の音楽要素を取り入れアフリカに祈りを捧げるかの様な「プリーチャーズ・キッド」、「ウィ・ワー・ゼア」のマーカスの魂のベース・ソロが心に染みます。マーカスの代表作のひとつといえるアルバムです。

 

01. HYLIFE
02. B'S RIVER
03. PREACHER'S KID (Song for William H)
04. WE WERE THERE
05. PAPA WAS A ROLING STONE
06. I STILL BELIEVE I HEAR (Je Crois Entendre Encore)
07. SON OF MACBETH
08. PRISM (Interlude)
09. XTRAORDINARY
10. WATER DANCER
11. I CAN'T BREATHE