読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

Detroit - New York Junction

Thad Jonesサド・ジョーンズ

「Detroit - New York Junction」

Detroit New York Junction

Detroit New York Junction

 

ハードバップ」を感じることが出来る1500番台屈指のセッションです。デトロイト出身のジャズメン中心に構成されたセッションです。サドは54年東海岸にやってきました。「タリフ」「スクラッチ」「ゼック」はサド作です。1956年3月13日の録音。ミッド・テンポからスロー・テンポな安定感のある演奏が楽しめます。Blue Note 1513

 

BLUE ROOM
TARRIFF
LITTLE GIRL BLUE
SCRATCH
ZEC

Thad Jones (tp), Billy Mitchell (ts), Tommy Flanagan (p), Kenny Burrell (g), Oscar Pettiford (b), Shadow Wilson (ds)。