読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欲しいものが、欲しいね。

植草甚一さんほど尊敬すべき人物はいないなァ。まねてもなれる存在ではないよね。

New Era

L

Lebron(レブロン・デニス)

「New Era」 

New Era

New Era

 

 

サックス奏者レブロンレブロン・デニス)の新作。メロウだけれど、センスの良い躍動感のあるメロディーが印象的です。

前作「Shades」(2013)はデビュー作にして、アダルトでアーバンなムードの好盤だった。新作は、さらに完成度の高まった充実した作品。メロウで、流れるように美しいサックスの音色を聴けば、この人は、いずれ、ジェラルド・アルブライトや、カーク・ウェイラム級のメジャーアーティストになるだろう予感を感じる。所属の「トリピン・アンド・リズム・レコード」の関連アーティスト、ニコラス・コール、ダーレン・ラーン、ジュリアン・バーン、リン・ラウントゥリー、ら「ファミリー」が参加している。従って、サウンドのムードは、彼らの作品と同傾向にあって、「トリピン・アンド・リズム・レコード」のこの「サウンド」が、今や、スムーズ・ジャズのメインストリームと言っていい。

www.youtube.com

M1「Shift Change」は、いかにものダーレン・ラーンのメロディー曲。少し情熱的なブロウを聴かせるレブロンのサックスと、躍動感のあるリズムが爽快。M9「Spotlight」は、ジュリアン・バーンが参加した、ビート感のあるスムーズ・ジャズ・チューンで、レブロンと、ニコラス・コール、リン・ラウントゥリー、ジュリアン・バーン、4人が組んだバンド「ジェネレーション・ネクスト」の「グルーヴ」を感じる曲。

1 Shift Change
2 Red Hook
3 For the Love (feat. Keith Fluitt)
4 New Era
5 Her Hazel Eyes
6 Never Say Never
7 Give Love a Try (feat. Lin Rountree)
8 Just Us (feat. Julian Vaughn)
9 Spotlight (feat. Julian Vaughn)
10 The Boys of Summer
11 If I Could Sing (feat. Rachael Gehmlich)